妊娠中に体重を減らしたい時は適切な方法でやりすぎには注意

ninpu_onaka

「妊娠中に太りすぎて、妊娠線ができちゃった・・・。

妊娠線を気にして、ダイエットをしようとする方がいます。妊娠中のダイエットは気を付けてください。
赤ちゃんに影響が出ないように慎重に。

妊娠中はお腹の中の赤ちゃんが成長するのに合わせて、体重が増加するのが当たり前
でもいくらでも太っても良いというわけではなく、適切なお母さんの体重増加ペースがあります。

太りすぎたり痩せすぎたりすると赤ちゃんに影響が出てしまいます。

特に、妊娠中の適正体重はきちんと理解されていない場合が多いです。

例えば

「赤ちゃんは100gにしか育っていないのに数キロ太ってしまった・・・。」

と嘆く方もおられますが、妊娠中に増える体重はお腹の中の赤ちゃんだけではなく、子宮も大きくなり、羊水が増えるなど様々な体の変化があるんです。

きちんと適正な体重増加を理解して、太り過ぎず、痩せすぎずの体重を目指しましょう。

妊婦のベストな体重増加の目安はこれ

妊婦さんの妊娠の経過具合に沿った、ベストな体重増加ペースを紹介しますね。

元々痩せすぎだったり、太り気味だったりと妊娠前の体重によって結構変わります
なので、BMI数値を基準に目安が変わってきますので、まずはBMIを計算しましょう。

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

です。例えば、160センチで体重が50キロだと

50÷1.6÷1.6=19.531

という感じです。

最終的に体重が増えても良い体重の目安

・BMI18.5未満の方   10~12kg程度
・BMI18.5~25未満の方 7~10kg程度
・BMI25以上の方    5~7kg程度

あくまでも目安なのですが、上の表を参考にしてみてください。

ただ最後に合えばいいというものではなく、徐々に増えていくことが大切。
次に理想の体重増加ペースを紹介していきますね。

理想の体重増加ペース

これもさっきのBMIで結構変わってきます。

標準体型である18.5~25の方は一週間で200g~300gの増加が理想です。

妊娠初期ではまずは胎盤が作られる過程を占めていますので、おおよそ2kg程度。

安定期に入るとつわりも収まり食欲も出てきます。少し増加のペースが早くなるのですが、5kg程度に抑えましょう。

後期には少し注意が必要です。妊娠合併症と言われる妊娠中に糖尿病になってしまったり高血圧になったりする症状があります。

妊娠合併症のリスクを抑えるためにも3kg程度の増加で頑張ってください。

頑張ってくださいというのも、妊娠中は太りやすくなっています。

胎盤からhPL(ヒト胎盤性ラクトゲン)といわれるホルモンが分泌されます。hPLはお母さんになるために体に脂肪を蓄えやすくする役割があります。

なので、普通に過ごしているだけでも太りやすい時期です。
毎日面倒くさがらずに体重計に乗ってチェックしていきましょう。

妊娠中に減らしても良い体重の目安

妊娠中の通常のダイエットは禁物です。ダイエットをするのではなく体重をキープしてください。

お腹の赤ちゃんが成長していて、体重がキープできていれば痩せているのと同じです。

あくまでも、妊娠中の体重管理は「赤ちゃんと妊婦さんが健康であるため」に行います。

先ほどの理想の体重増加の目安を参考に、太りすぎてしまった場合は体重の増加をゆるやかにすることに気を配ってください。

赤ちゃんの成長を邪魔しないダイエット方法

赤ちゃんの成長を邪魔しないように妊婦ダイエットに取り組みましょう。

あくまでもダイエット=体重キープor体重増をゆるやかにです。

基本的に、妊娠中のダイエットに近道はありません。栄養をしっかりとって、適度に運動をして、十分に休息することが大切です。
わかっているけどできない・・・という方のために、コツを少し紹介していきますね。

食事管理

syokuji_woman (1)
食事管理はとても大切です。できるだけ和食中心の食生活を送ることをおすすめします。

野菜を多めに脂肪の少ないメニューを食べるようにしてください。
このとき、栄養バランスを整えるのが難しい場合はサプリメントなどで補給することもおすすめです。

適度な運動

ninpu_genki (1)
妊娠中は適度な運動するように心がけましょう。

妊婦さんにおすすめの運動はウォーキングです。体への負担もかかりませんし、いつでも時間があればできます。
もし夜中にしか時間が無ければできるだけ明るいところを歩いて転倒を防止してください。

また、光を反射するたすきなどを身に着け、車には十分に注意してくださいね。

レコーディングダイエット

chokin_kakeibo (1)
一時はやったダイエット方法。レコーディングダイエットは毎日の食べたものやカロリー、体重を記録していくだけで痩せていくというダイエットです。

これは、毎日数字をチェックして反省するので勝手に自分の中で食べる量を調整したりするので、痩せるメカニズムです。

妊娠中はさすがにカロリーまで計算して出すのは面倒だと思いますので、食べたものや毎日の体重を記録してみてください。
これをするだけで全然違いますよ!

ダイエット以外のケア

-shared-img-thumb-AI_IMG_7769_TP_V
健康に影響が出るほど体重が増えている状態。そういうときは、健康管理をしたほうが良いのですが、美容目的であれば出産後のダイエットでも全く問題がありません。

ただし、妊娠中に増えた体重は戻ったとしても、体重が増えたことでできてしまう妊娠線は消すことができません。
妊娠線ができてしまうと将来子供が海に行きたがっても、水着を着ることに抵抗を感じるかもしれません。

妊娠線はボディケアをしていれば、きちんと予防することが可能です。

妊娠中は健康維持の体重管理と合わせて妊娠線を付けないボディケアを同時進行で行うことをおすすめします。

ベルタ妊娠線クリームは、たまごクラブでも紹介された満足度の高い商品です。

初回500円で購入できますので、妊娠線が気になる方はまずこちらでケアしてみてはいかがでしょうか?

⇒ベルタ妊娠線クリームを詳しく見てみる