-shared-img-thumb-LISA78_kuyasiiMBA20141018102736_TP_V

葉酸の妊婦さんへの重要性は皆さんもご存知かと思いますが、亜鉛も大切って知っていましたか??
亜鉛は妊活中や妊娠中の女性にとても良い効果のある栄養なので、しっかりと摂ってくことをおすすめします。

赤ちゃんがほしいときは葉酸+亜鉛を摂りましょう

まず妊活中の女性に嬉しい亜鉛の働きは大きく分けて二つあります。

黄体形成ホルモンの分泌を助ける卵胞刺激ホルモンの分泌を助ける役割があります。

これだけではよくわからないと思いますので、一つ一つ説明していきますね!

黄体形成ホルモンは妊娠率アップに大切な役割があります

黄体形成ホルモンは「排卵を促す役割」、「子宮内膜を厚くする役割」があります。

排卵を促す役割っていうのはとても大切で、不妊の原因の一つに排卵がうまくいかないことがあります。
排卵がうまくいかないと、もちろん妊娠する可能性はゼロになってしまいますので、治療としては排卵誘発剤を使ったりします。

黄体形成ホルモンはプロゲステロンとエストロゲンのバランスを整えることで、排卵をうまく行えるようにしてくれます。

また子宮内膜を厚くする役割もとても大切です。
以前、子宮内膜を厚くする方法について記事を書いたこともありますが、子宮内膜は受精卵が着床するために重要な役割を持っています。

子宮内膜は受精卵のベッドのようなものですのでフワフワでぶ厚いほうが、受精卵がくっつきやすく育ちやすくなりますので、この役割は妊娠率をアップさせるためには大きいです。
せっかく排卵が起こって、受精卵が完成したとしても着床をしなければ妊娠にはなりません。

akachan_bed

しかも着床をしても受精卵が定着しないと化学流産となってしまいます。なので子宮内膜を厚くすることはとても大切です。

治療として黄体ホルモンを投与することもあるのですが、なるべく亜鉛を摂って自然に厚くしたいですよね。

卵胞刺激ホルモンは妊娠する体づくりに大切

卵胞刺激ホルモンには「卵胞を育てる」「生理周期を整える」役割があります。

まず卵胞を育てる役割についてですが、こちらも排卵をきちんと行えるかに深い関わりがあります。
卵胞は一般的に20mm程度に育たないと排卵が起きにくいので、排卵を育てる役割をもつ卵胞刺激ホルモンはとても大切ですね。

また生理周期を整える効果ですが、生理周期が不安定だと妊娠率が下がるわけではないのですが、排卵の予測がつかないので妊娠確率が下がりがちです。
また、妊娠したかどうかが非常にわかりにくく、妊娠検査薬も生理周期が乱れていると本当にチェックできているのかどうかわかりにくいです。

妊娠初期に葉酸を摂取した場合、神経管閉鎖障害のリスクを下げられるのですが、妊娠初期がかなりわかりにくくなってしまうのでタイミングを逃してしまいます。

間接的に様々な弊害があるのでなるべくは生理周期を整えたいですね!

妊娠した後にも亜鉛はおすすめです

ninshin_onaka2

妊活中だけではなく、妊娠したあとにも亜鉛は大切な役割を持っています。

妊娠中は赤ちゃんに優先的に栄養が行ってしまいますので、亜鉛が不足してしまいがちです。
亜鉛が不足すると味覚障害がお母さんに現れたり赤ちゃんの知能の発達に影響が出てくる可能性があります。

特に妊娠初期の妊婦さんの大きな悩みであるつわりですが、味覚が変わってしまう場合が多くあります。
これって亜鉛が不足して味覚障害が現れているんです。

また亜鉛には細胞分裂を促す役割があります。葉酸も細胞分裂を促す役割があるので合わせて摂ることで効率が上がります。
細胞分裂を促すことで赤ちゃんの成長を促したり、神経管の細胞分裂が上手くいかないことで起きる神経管閉鎖障害のリスクを低減することもありますので、積極的に摂取していきましょう。

亜鉛が多く含まれる食材はこれ!

牡蠣(13.2mg)
アワビ(10.4mg)
豚レバー(6.9mg)
煮干し(7.2mg)
ゴマ(5.9mg)
卵黄(4.2mg)
納豆(2.0mg)

亜鉛の食品からの吸収率はとても悪いです。少しでも吸収率を上げる方法としてビタミンCを一緒に摂ると効率が上がります。

そういう意味では牡蠣にレモンを絞って食べるっていうのはかなり理にかなった食べ方なんですねー。
妊婦の方は生ものを口にしないほうがいいので出産後にしてくださいね!!

kaki

牡蠣やアワビは豊富に亜鉛が含まれているのですが、かなり効果な食材なので常に食べるというのは厳しいです。
また豚レバーも注意が必要で、脂溶性ビタミンであるビタミンAが多く含まれてしまっています。

過剰摂取になってしまうと、胎児の奇形リスクが高くなってしまうので妊娠中に食べ続けるのは避けたほうが良いです。

煮干しやゴマや卵黄、納豆などで亜鉛を摂取していくのがベターですが、意識していてもなかなか亜鉛を推奨量を毎日食品から摂取するのは厳しいですよね。

葉酸と亜鉛を一緒に摂れるのはベルタ葉酸

亜鉛だけではなく、葉酸もとなると食費もかさみますし何より献立を毎日考えるのも難しいです。
そこでおすすめしたいのが葉酸と亜鉛を一緒に摂れるサプリメントです。

実は当サイトで紹介しているベルタ葉酸は葉酸と亜鉛を一緒に摂れるサプリメントなんです。

ベルタ葉酸

亜鉛以外にも妊活中や妊娠中に必要な栄養がたくさん含まれています。

確かに葉酸サプリとしてだけ見てしまうとベルタ葉酸は月々3980円なので高く感じてしまいますが、葉酸以外にも様々な妊活・妊娠に重要な安全で質の高い栄養素が含まれているので、実はコスパが良いんです。

当サイトでも詳しく体験レビューを紹介していますので気になる方はぜひ見てみてくださいね

⇒ベルタ葉酸の詳細を見てみる