anjyu160211268895_TP_V

妊娠率を上げるには子宮内膜が大きな役割を持っています。
妊娠は「受精卵が着床する」ことで妊娠が成立します。着床という部分で大きな役割を担うのが子宮内膜です。

子宮内膜の厚さが8mmの場合と、倍の16mmの場合の妊娠率を比較した研究結果があります。
8mmのときの妊娠率は53.1%で、それより厚い場合の妊娠率は77%となっています。かなり高いですね。
参考:日産婦誌60巻 9 号 「薄い子宮内膜の原因と対策

これを見ると妊娠と子宮内膜の厚さには関係性があると言えます。

そんな妊娠に大切な子宮内膜を厚くするためには近道はありません。
一つ一つ子宮内膜が薄い原因を取り除いていくというステップが必要不可欠なんです。

このページでは、子宮内膜を厚くするために、子宮内膜が薄いとはどういう状態なのか?薄い原因は何か、それぞれの対処法について詳しく紹介していきますね。

子宮内膜が薄い状態は7mmが大きな壁です!

まず、子宮内膜の厚みについて紹介する前に、ここだけは押さえてほしいことがあります。

それは「子宮内膜が薄いから妊娠しないわけではない」ということです。

不妊の原因は様々です。なにより、不安になることが不妊の一番の敵なので頭に入れておいてくださいね♪

では、少し逸れてしまいましたので元に戻しますね。

一般的に、妊娠をする上で子宮内膜の厚みは8mm以上が正常といわれています。理想的な子宮内膜の厚さは8mmの倍の16mmあればなお良いとされています。

これは冒頭でも紹介した研究結果からも、子宮内膜の厚さが妊娠率に大きな影響があることがわかっているためです。
逆に6~7mmの薄い子宮内膜でも、質の良い胚盤胞の場合は妊娠率が50%はあったという研究結果も出ていますので、子宮内膜が薄くても悲観せずに質の良い体づくりを目指しましょう。

子宮内膜が厚いのはいいことばかりのようにお伝えしましたが、厚過ぎる場合も手放しで喜べないこともあります。

純粋に子宮の状態がよくって、子宮内膜が厚い場合は良いのですが、子宮内膜にポリープがあると、子宮内膜が厚くなります。
ポリープがあると着床率が低下してしまいますので、子宮内膜が厚すぎる場合は注意が必要です。

子宮内膜が薄くなる原因は?

mark_ninpu

子宮内膜が薄くなる原因は主に2つの要素があります。

・黄体ホルモンの低下
黄体ホルモンは妊娠するときに大切なホルモンの一つです。
子宮内膜が薄くなる原因に、黄体ホルモンがうまく分泌されないことがあります。
また排卵誘発剤のクロミフェン・クロミッドの副作用で黄体ホルモンが少なくなり、子宮内膜が薄くなることにもつながります。

・血流の不足
血の巡りが悪いと、子宮内膜が厚くならないことにもつながります。
主に低温期に入ると、子宮が収縮して血流が良くなるので子宮内膜が厚くなります。

なので普段から血流が不足していると子宮内膜が厚くなりにくいので、血流が不足しないように適度な運動や冷えないようにしましょう。

子宮内膜を厚くする方法

子宮内膜を厚くするためには、どうやって子宮内膜が厚くなっているのか?そのステップを理解することが第一です。

一般的に子宮内膜はこんな感じで厚くなってきます。

  1. 卵胞期

    まず最初は卵胞期に卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌されます。この卵胞ホルモンの働きによって子宮内膜が分厚くなります。

  2. 黄体期

    排卵を機に卵胞期から黄体期に入ります。黄体期ではエストロゲンの分泌は収まり、黄体ホルモンの分泌に切り替わります。黄体ホルモン(プロゲステロン)がたくさん分泌されることで子宮内膜がどんどん厚くなってきます

  3. 子宮内膜が整って妊娠の準備万端!

というような流れで子宮内膜は分厚くなってきます。

ポイントは「卵胞ホルモンと、黄体ホルモンがバランスよく分泌される」ということです。
どちらか一方だけ分泌されるのでもダメで、両方共がバランス良く分泌されることで、卵胞期と黄体期がスムーズに切り替わり妊娠準備万端の体制に入ります。

つまり、ホルモンバランスをきちんと整えることが厚い子宮内膜へとつながります。

ホルモンバランスを整えるのは妊娠しやすい体づくりの第一歩です。

ホルモンバランスを整えるには「葉酸」と「マカ」が大切

ホルモンバランスを整えるためには葉酸とマカが大切です。

葉酸は別名造血ビタミンともよばれていて、血液を作る時には大切な栄養素です。
血液を作って血の巡りが良くなって、冷えの改善や子宮環境の改善につながります。

また、細胞分裂を促す作用ももっていますので、子宮内膜を厚くするには大切な栄養です。

葉酸サプリは単純に葉酸だけが配合されたものではなく、妊娠に大切な成分が配合されたサプリを選ぶことが大切です。
妊婦用に安全な成分だけを配合したサプリメントがありますので、選び方にも注意してください。

おすすめの葉酸サプリ

では、実際に当サイトで子宮内膜の厚さを気にされる女性に人気の葉酸サプリを二つ紹介したいと思います。
この後で、マカの妊活サプリについても紹介しますので、併せて参考にしてみてくださいね。

  1. ベルタ葉酸サプリ

    ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸は妊活中から授乳期まで長く飲み続けられるサプリメントです。厚生労働省が推奨する葉酸400μgを配合していて、ほかにもホルモンバランスを整える様々な成分が含まれています。
    様々な成分が含まれていますが、不必要な成分は一切入っていないのが特徴です。
    葉酸以外にもホルモンバランスを整えるザクロも配合されているので、子宮内膜で悩む女性にはおすすめです。
    商品詳細を見る

    価格 定期便(6回定期購入):3,980円(1回分)/送料無料
    単品購入:5,980円(送料無料)
    成分 葉酸400μg・鉄分・カルシウム・ビタミン・ミネラル27種類・野菜18種類・美容成分6種類(ツバメの巣・ヒアルロン酸・プラセンタ・ザクロ・珊瑚カルシウム・黒酢もろみ)ほか
    人気 5.0
  2. ママニック葉酸サプリ

    ママニック葉酸サプリ

    ママニック葉酸サプリは割と最近のサプリメントです。後発組の利点を利用して、成分も優秀で価格もベルタより抑えられたコストパフォーマンス抜群のサプリメントです。
    特にうれしいのが15日の返金保証付き。大切なお金を使ったのに合わなかった場合でも15日間であれば返金対応に応じてくれます。
    品質も栄養機能食品として認められているので、とても高品質です。
    商品詳細を見る

    価格 定期便(6回定期購入):3,500円(1回分)/送料無料
    単品購入:5,000円(送料650円)
    成分 葉酸400μg・鉄分・カルシウム・ビタミン、ミネラル、アミノ酸29種類・野菜8種類・美容成分8種類ほか
    人気 4.0

おすすめのマカ妊活サプリ

  1. ハグクミの恵み

    ハグクミの恵み

    ハグクミの恵みはホルモンバランスを整えるマカとザクロを中心としたサプリメントです。高品質な国産マカと黒マカを使用しています。
    抗酸化作用の強いポリフェノールや体の巡りをサポートしてくれるザクロもたっぷりと含んでいます。
    また妊活中の敵、「冷え」をサポートする生姜も含まれた抜け目のない妊活サプリメントがハグクミの恵みです。
    妊婦さんへの配慮が届いていて品質はとても高いです。
    マカザクロサプリ『ハグクミの恵み』

    価格 定期便(約一ヶ月分):初回2,980円/2回目以降5,984円(送料無料)
    成分 日本産無農薬マカ、ペルー産マカ、ザクロ種子エキス、109種の植物発酵エキス、生姜
    人気 5.0
  2. 妊活サプリ kodakara

    妊活サプリkodakara

    栄養価の非常に高い高品質なマカを使ったサプリメントです。
    またエストロゲンの分泌のサポートや、子宮の機能活発化にも大切な亜鉛が含まれているのも特徴です。
    素材自体は古くから使われている成分ばかりなので、安心安全です。
    もちろん検査体制もしっかりしてGMP認証を受けている工場で作られているので客観的にも安心です。
    kodakara妊活サプリの詳細を見る

    価格 定期便(4回定期購入):初回2,980円/2回目以降7,980円/送料無料
    成分 マカ、葉酸、亜鉛酵母、鉄分、冬虫夏草、αリポ酸、ニンニク、ショウガ、コエンザイムQ10、ビタミンE、タンポポ、トウガラシ、ローヤルゼリー
    人気 4.0