妊娠をしたいけど、葉酸サプリを飲もうかなーと思って調べてみると、たくさんの種類の葉酸サプリが世の中にあることが解ると思います。

「こんなにいっぱいあってどれを選べばいいのかわからない!!」

と、いろいろと思い悩んでしまいますよね!

葉酸サプリの選び方を知らないと、間違った情報に振り回されてしまいます。

中には厚生労働省が推奨している葉酸のタイプではないサプリを選んでしまったり、必要な栄養が足りなかったり・・・。

でも心配はいりません。実は葉酸サプリの選び方って知っていればとても簡単なんです!

たった4つの基準を設けるだけで葉酸サプリを簡単に選ぶことができます。

では、あなたのために徹底的に妊婦の方目線に立って、葉酸サプリの選び方を紹介したいと思います。

葉酸サプリを選ぶ上で絶対外せない4つの基準!

chokin_kakeibo (1)

マタママ目線で選ぶ基準の前に絶対に外せない基準というのが4つあります。

  • 厚生省が推奨している「モノグルタミン型の葉酸」が含まれているか?
  • 葉酸以外の妊婦さんに必要な成分がちゃんと含まれているか?
  • 価格が続けられる値段か?
  • 安全性を考えて作られているか?

この4つです。

厚生省が推奨している「モノグルタミン型の葉酸」が含まれているか?

まずは一番重要なポイントは、厚生労働省が推奨している400μgを摂取することができる物グルタミン酸型の葉酸サプリを選ぶことが大切です。

mark_ninpu

実は一口に葉酸サプリ!といっても、含まれている葉酸の種類が大きく分けると2つあります。

2つの葉酸のタイプ
  1. モノグルタミン酸型葉酸(=合成葉酸)・・・厚生労働省が推奨しているタイプです
  2. ポリグルタミン酸型葉酸(=食事性葉酸)・・・厚生労働省は推奨していません

以外に思うかもしれませんが、実は葉酸に関しては天然成分のものより、合成された葉酸のほうが吸収効率も高いので厚生労働省も合成型のモノグルタミン酸型葉酸を摂取するように推奨しています。

天然のポリグルタミン酸型葉酸だと、モノグルタミン酸型葉酸と比較すると吸収効率が半分になってしまうとも言われてます。

しっかりと妊活中、妊娠前~妊娠初期の間にモノグルタミン酸型葉酸サプリを摂ることで、細胞分裂が上手くいかないと発生する神経管閉鎖障害のリスクを下げることができます。

妊娠初期は赤ちゃんの背骨などの神経の大切なところが作られます。葉酸には、細胞分裂を促す役割がありますので、妊娠初期にしっかりと葉酸をとりましょうね。

葉酸以外の妊娠中に必要な栄養が含まれているか?

ef7b37ebfc4fc4353da99b7f0f7d229b089641714364fb03b4fd95b049fd36af_14301240_300_8492423

葉酸サプリには「妊娠中に必要な栄養が含まれている」ことが大切です。

まず、価格帯が同じなら、「より妊婦に必要な栄養」を含んでた方が良くないですか?
別に他の栄養は少なくても、食事で補うからそこまでは必要ないかなー?なんて思ってしまうかもしれません。

でも、妊娠中のつわりの重さによっては食べ物が食べられない状況もあります。
妊娠して体調も良くないのに、そんなに栄養を考えて食事を作ることが難しい場合も。

赤ちゃんの成長のためにも積極的に栄養は摂るべきです。
特に大切なのが、血液を作るための栄養「ビタミンB12」「鉄分」、赤ちゃんの体を作ってくれる「カルシウム」、そして妊娠中の辛いつわりを和らげる「ビタミンB6」が入っている葉酸サプリを選びましょう

妊娠中に摂るべき葉酸以外の栄養まとめ
  1. ビタミンB12
  2. 鉄分
  3. ビタミンB6
  4. カルシウム

妊婦の方は貧血がち・・・鉄分と、ビタミンB12が大切

hinketsu

妊婦の方は3~4割の方が貧血に悩むといわれており、それぐらい赤ちゃんを発育させるために多くの鉄分が必要です。

そこで、ヘム鉄のような鉄分をしっかりとる必要があります。

また、葉酸も造血ビタミンと言われており赤血球を作るために必要なのですが、一緒にビタミンB12も血を作るために必要と言われています。

カルシウムを奪われ子供を産むと骨がスカスカになる!

milk_bin

妊娠中には赤ちゃんの骨を作るのにカルシウムが必要になります。

カルシウムを摂取する量が少ないと、お母さんの骨からカルシウムを補給してしまうので、骨がスカスカになってしまいます。

昔も、カルシウムが不足して虫歯になりやすくなってしまうことを防ぐためにもお歯黒をしていたということもあるぐらい、カルシウムってとられてしまうんです。

つわりも悪化させたくない人にはビタミンB6!

virus_oetsu

妊娠初期になると気になるのがつわり。
つわりにも吐いたり、気持ち悪くなったり、体がだるくなったり様々なつわりの症状がでてきます。
ビタミンB6が不足してしまうと、このつわりが悪化したり妊娠中毒症のリスクが上がるのでビタミンB6もきちんと摂って置きたい栄養素です。

過剰摂取は絶対ダメ!脂溶性ビタミン!!

food_unadon

摂取すべき栄養素だけではなく、摂取しすぎないほうがいい栄養もあります。

脂溶性ビタミンには要注意です。

ビタミンには脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンがありますが、このうち水溶性ビタミンは使わない分は体の水分が出てしまう時に一緒に出てしまいます。
しかし脂溶性ビタミンは体の中に蓄積されてしまいます。

ビタミンAは摂取しすぎると赤ちゃんの奇形のリスクが高まってしまうので、十分に過剰摂取には気を付けるべきです。

葉酸サプリの価格は4000円程度の続けやすさと品質を兼ね揃えたものを選ぶ!

mark_yen_okaikei

次に葉酸サプリを選ぶ上で大切なのは「価格」です。

毎日続けて飲むもので最低でも妊娠前から妊娠初期まで飲むとなると3か月以上は続けることになります。

ですので、価格も大切なポイントですよね。

一般的な価格帯ですが月々4000円~5000円が多いです。
それよりも大幅に安いと葉酸の量が不足していたり、添加物をふんだんに使用していたり、妊婦さんには向いていないサプリメントという場合が多いです。

逆に高すぎると、不要な成分が含まれていたりしますので、だいたい4000円台の葉酸サプリがお勧めです。

葉酸サプリは安全性を重視しましょう!怪しいサプリは厳禁です

midori_obasan_shifuku

成分と同じぐらい大切なのが「安全性」です。

体に赤ちゃんがいるのですから、絶対に赤ちゃんに悪い影響がないように安全性があるサプリメントを選ぶのは絶対。
あなたは生まれたての赤ちゃんを見たことがありますか??

あんなに小さいのに、手の指一本一本に爪があって、体の中にもきちんと全てのパーツがそろってるんです。

そのパーツは全部お母さんのお腹の中でできたもの。
お母さんが口にしたものが今後一生付き合っていく、体のパーツを作っていくんです。

安全性も色々な意味があります。

「香料、合成着色料、保存料、甘味料が無添加」

「放射能チェックを行っていること」

この二つが妊婦さんの葉酸サプリメントの安全性を選ぶ基準です。

特に放射能は体内に入ってしまうと、排出することは困難なのでダイレクトに赤ちゃんに影響が出てしまいます。

mother_stop

この安全性は外せないですね。

4つの基準で葉酸サプリを徹底比較!!

4つの基準で世の中で評価の高い葉酸サプリメントを比較してみました。

ベルタ葉酸 ママニック葉酸 はぐくみ葉酸 オーガニックレーベルの葉酸
葉酸のタイプ モノグルタミン酸型 モノグルタミン酸型 モノグルタミン酸型 ポリグルタミン酸型
葉酸以外の成分
価格(4000円以下) 3,980円(税込) 3,780円(税込) 3,980円 4,400円(税込)
※初回実質無料
安全性
その他

バランスよく成績が良いのはベルタ葉酸です。カルシウムが若干劣っている以外は全て高い水準です。
あなたの食事のバランスによってはそこまで栄養が要らないかもしれませんのでそこは状況に応じて選んでみてくださいね。

まとめ

-shared-img-thumb-150809330849_TP_V3

まずはどの葉酸サプリを選ぶ上でも最低限、毎日続けられる価格帯で、安全で、400μgの葉酸を摂取できるサプリメントを選ぶことが重要です。
さらに、あなたの状況に応じて、飲みやすさや、他の栄養素が取れるものを選んでくださいね。