2人目を35歳を超えて授かりたいときに気を付けること

515416

1人目を授かってしばらくして二人目を考えているときに高齢出産の分かれ目で悩んでいる方、もしくは1人目が高齢出産ギリギリだったけど、2人目を考えられている人に向けて、35歳を超えて2人目を授かるときに気を付けてほしいポイントを解説したいと思います。

晩婚化の影響や、医療の発達によって高齢出産は珍しいものではなくなりました。
珍しくなくなりましたが、人間の体って昔から変わらないのできちんと気を付けるべき点は気をつけないといけないです。

決して高齢出産を否定するつもりは全くありませんが、しっかりとリスクと逆にどういうところが良いのか??きちんと知っていただいてから判断をしてほしいなと願っています。

このページでは、2人目を高齢出産で産もうという方が陥りがちなポイントや、具体的にどうすればいいのか??ということを紹介していきますね。

ぜひこのページをご覧になって、しっかり判断して妊娠に挑んでもらえることを期待しています。

2人目を高齢出産で産む場合のリスク

経産婦の方でも、35歳を超えて2人目以降のお子さんを授かるのは高齢出産に当たります。

1人目は20代で出産されたかたは、特に気を付けていなかったことでも、年齢を重ねるごとにすこしずつ妊娠中に起こりうるリスクは上がってしまっています。

リスクを知って怖がるのではなく、前向きに「こういうのがあるんだから、今回は気を付けよう!」という気持ちでご覧ください。

妊娠高血圧のリスクが上がります

高齢出産では妊娠高血圧のリスクが上がってしまいます。

そもそも妊娠高血圧についてご存知ですか??

もともとは妊娠中期以降で高血圧になってしまった場合、お母さんやお腹の赤ちゃんに異常が起こる可能性が上がってしまいます。
こういった状況を「妊娠高血圧症候群」と呼びます。

かつては「妊娠中毒症」といって、高血圧や蛋白尿、1週間で500g以上太ってしまうことを、様々な悪い影響があるのではないかといって気を付ける必要がありました。

最近では、この中でも一番重要なのが高血圧ということがわかって、「妊娠中毒症」ではなく「妊娠高血圧」として注意を喚起しています。

妊娠高血圧症になってしまうのは、意外と確率は高く妊娠された方の約10%に起こる症状といわれています。

実は妊娠高血圧症は年齢が上がるごとにリスクが高くなってしまい、35歳以上では約1.5倍の14~18%程度の発生頻度になります。
45歳以上になると、約3倍の29%にも上がってしまいます。

流産のリスクがアップ

高齢出産になると、急激に流産の確率がアップしてしまいます。
35歳~39歳では約20%、40歳を超えるとなんと40%を超えてきてしまいます。

20代の流産率は10%程度なので、大きく流産してしまう可能性が高くなっています。

これは加齢とともに、卵子が持っている染色体の異常が多くなってしまい、着床してもうまく受精卵が発達せずに流れてしまうことが原因と考えられています。

仮に染色体異常の状態で生まれた場合、ダウン症などの染色体異常児として生まれてきてしまう場合もあります。
一部批判はあるのですが、ダウン症などの障害に関することは出生前診断でスクリーニングすることが可能です。

関連記事:命の選別にあたるの?着床スクリーニングの現在

染色体異常のほかの流産の原因としては、女性ホルモンの機能がうまく動かない黄体機能不全や、甲状腺機能不全、糖尿病といったお母さんの体に起こる代謝異常があります。
他にもクラミジアなどの感染症、精子の異常など様々なことが原因で流産の確率は上がってしまいます。

二人目不妊という言葉もありますが、実際は高齢出産で妊娠する確率が下がってしまっていることがそもそもの原因です。

「1人目はスムーズに授かったのにー・・・。」

という良いイメージを持っているお母さん方が、高齢出産に挑んでうまく成果が出ないことで、前と比べてしまって落ち込むケースは少なくありません。

高齢になってからの2人目は、初めての妊娠ぐらいにとらえて、深刻になりすぎずに1人目と比べるのは無駄なのでやめましょう。

帝王切開のリスクが多くなる

高齢出産の場合、年齢が上がってしまうことで骨盤や筋肉の可動域が狭くなってしまっています。

そのことが原因で赤ちゃんが生まれてくるときに、なかなか分娩できなかったり、時間がかかってしまうこともあります。

あまりにもお産が大変になると、出血の影響や赤ちゃんへの影響も考慮して帝王切開の可能性が高くなります。

帝王切開は、お産にかかる負担は軽くなるのですが、術後の体力の回復に時間がかかります。

お母さんの高齢だけでなく、お父さんの高齢も実はこんな影響が

今までのところでは、お母さん側の高齢出産に関するリスクを紹介してきました。

でも、実はお父さんが高齢な場合にも、いろいろなリスクがあるのではないか??といわれています。

自閉症のリスク

アメリカでの研究なのですが、父親が高齢の場合、お子さんが自閉症になる可能性があるということが分かってきています。
研究の結果では40歳以上のお父さんのもとに生まれてきた子どもは、お父さんが30歳未満の時に比べて自閉症になる可能性が約6倍にもなることが示されています。

30代で生まれたとしても、1.5倍以上と原因はまだ明らかになっていないんですが、自閉症のリスクが上がる可能性を示唆しています。

注意欠陥・多動性障害(ADHD)

こちらはスウェーデンの研究結果ですが、父親が45歳以上の時に生まれてきた子供はADHDの可能性が13倍も高くなるということがわかっています。

35歳を超えて2人目を授かるメリット

ここまでは嫌な側面ばかりお伝えしてきましたが、逆に高齢になってから子供を授かることのいい点も紹介したいと思います。

上のことを読まれて「高齢出産って一筋縄ではいかないんだな」と感じてもらった方も、すでに大変さを実感されている方もおられると思います。

でも、この厳しい状況を乗り越えて授かった命は本当に尊いです。

さらに、1人目と期間が開いているときは、赤ちゃんが生まれてきた時の新鮮さがもう一度味わえます。

はっきりいって、この喜びは何にも代えがたいぐらいうれしいです。

他にも、上の子が手伝ってくれるなど、今まで子供と思っていたわが子の成長にも気が付くことができて、家族愛を感じられるということも醍醐味の一つです。

35歳を超えて妊娠する時にしておきたいこと

大変さを乗り越えて二人目を授かるために、具体的にしておきたいことを紹介していきますね。

まずは、AMH(アンチミューラリアンホルモン・アンチミュラー管ホルモン)を受けていただくことをおすすめします。

AMH検査とは卵子の元が卵子になる時に分泌されるホルモンの血中濃度を調べて、濃さによって体の中に卵子がどれぐらい作れるのかを調べる検査。
あくまでも目安の卵子の数を推定することしかできません。

卵子が受精卵になって着床して成長していくというのは体の老化と関係があることなので、年齢が高くなると反応が悪くなります。

一般的にはこのような感じで、妊娠できる値の目安になっています。
25~30歳 50pM
30~35歳 40pM
35~40歳 20pM
40~45歳 10pM
45~50歳 5pM

この数字が絶対というわけではないので、参考にしてみてください。

葉酸をとることが大切

葉酸をとることも大切です。

妊娠初期に神経管閉鎖障害のリスクを低くするためにも葉酸サプリを飲むことは、様々な記事でお伝えしていますが、特に高齢出産となると重要性が増してきます。

葉酸の役割として、細胞分裂を活性化させるという働きがあります。
さっき説明した、染色体異常の卵子や精子は細胞分裂をするときにうまく分裂しなくて起こってしまう現象です。

細胞分裂の時に大切な役割を果たしてくれる葉酸をとることは大切です。

葉酸サプリを選ぶときどうせなら、妊娠中も使えるような安全で高品質な葉酸を選びたいですよね。

当サイトでは5分程度でわかる正しい葉酸サプリの選び方を紹介していますので、ぜひご覧ください。