40歳以上での妊娠について

couple_baby_dakko
女性の晩婚化で今や40代での妊娠、出産は珍しいことではありません。
ですが、40代で良い妊娠、出産を果たすには普段から自身の身体や卵子に気を配る必要性があることを知りましょう。

40代の妊娠率

一般社会法人日本生殖医学会のデータから年齢別に見た自然妊娠率が、25~30歳では25~30%、35歳では18%、40歳では5%、45歳になると1%となっており年齢を重ねるごとに自然妊娠率は低くなることがわかります。

このことから一般的にみて40代での自然妊娠は容易ではないということがいえます。
年齢を追うごとに受精や着床が困難になることは否めませんが、女性は閉経を迎えるまでは妊娠は可能でありその可能性を高めることもできるのです。

ここでは40代でも良い妊娠、出産を可能にする方法を探っていきましょう。

40代で妊娠できる人の特徴

身近で40代での妊娠、出産を無事に果たした女性を見ると共通して感じることがあります。
それは”年齢よりも見た目が若くいきいき過ごしている女性”ということです。

年齢よりも見た目が若い方とは、お顔立ちに限ったことではなく、お肌もキレイで体型も維持されているなどの特徴があります。
規則正しい生活習慣やバランスの良い食事をしているという点も特徴です。
自然とそのようなことが出来ていることに感心さえしてしまいます。

やはりこれは体内環境が整っているということにつながります。
要は身体の中から若さを保てているということなのです。
身体の中も外も若さを保てている女性は、おのずといきいきと元気なオーラが出ているものです。

そして、年齢からいっても痩せすぎでも太り過ぎでもない体型を維持しているということは、ホルモンバランスも崩れていません。
そのようなことから卵子も健康に保たれていることがいえるのです。

40代で妊娠、出産を果たした人の細胞は老化が遅い?

高齢出産に関して興味深い研究結果があります。

アメリカのハーバード大学医学部、トーマス・バール教授がアメリカ内で100歳以上長生きしている女性の出産を調べたのです。
結果、なんと40代で妊娠、出産経験のある人が極めて多かったということです。

40代での出産が長生きにつながるその理由については解明されていませんが、そもそも細胞の老化が遅い体質つまり体内でのスローエイジングが自然と行われているために40代での妊娠、出産が可能だったのではないかと考えられています。
40代で無事出産された方が若く見えるというのはこの見解によって納得できますね。

それと関連付けできるようなこれもまた興味深い研究結果があります。
イギリスロンドン大学の専門家の研究結果となりますが、約8万人を対象とした9ケ月児、3歳児、5歳児を調べた結果、20歳で出産した母親の子どもに比べると30歳、40歳で出産した母親の子どもの方がケガ、入院が少ないことが分かりました。

また言語の発達・社会情緒的発達に関しても良好だということもわかったのです。

これは、高齢でも出産が可能だった親の遺伝的な有利さが子どもに受け継がれた結果ではないかと研究者は報告しています。
このようなことから見て、細胞のスローエイジングができて、質が高い卵子いわば強い卵子が作られれば40代でも妊娠は可能だといえますよね。

そもそもの体質がそうでないのならばそうなるように持って行けばいいということです。

高齢になると妊娠しずらくなる理由

女性は年齢を追うごとに妊娠率が低くなるというデータがあるのは事実です。
ではどうして妊娠率が下がってしまうのでしょう。

卵子の老化について

加齢に伴って身体が老化していくのと同様に卵巣の機能も低下していきます。

卵子の元である原子卵胞は、生を受け誕生した際には既に赤ちゃん(女児)の卵巣の中に作られています。
原子卵胞とは、重ねた年齢と同じ数の年月を重ねているということです。

40歳の時に排卵した卵子というのは40年の年月を重ねた卵子ということです。

そもそも原子卵胞が年齢とともに老化、減少していくために妊娠力が低下してしまうのです。
卵子の老化とは、卵子そのものの見た目がしわしわだというようなことではありません。

卵子周辺の細胞は機能していたとしても卵子が受精卵にならないことが多く、それが妊娠しずらい状況をうみます。

そしてたとえ受精卵が出来ても細胞分裂がうまくいかず染色体異常を起こす確率が高くなるというようなことが高齢の方の卵子には起こってくるのです。

受精卵の着床について

卵巣機能の低下によって、卵子を成熟・排卵させる機能や卵管の機能もおとろえてくるため卵子や受精卵がうまく運ばれない場合があります。

受精卵ができたとしてもうまく運ばれずに子宮内に着床できなければ妊娠の継続は難しいものとなります。

逆に言えば卵子の老化や卵巣機能の低下をくい止めて卵子の質や卵巣機能を上げることが出来れば妊娠の可能性を高めることができるということです。

40代での自然妊娠と不妊治療

みなさんの周りには40代でも普通に自然妊娠され、無事に出産した女性はいませんか?

しかも40代で続けて2度自然妊娠で無事に出産されているなんていう女性もいたりしますよね。

そんなことから一概にはいえない事ではありますが、データから見ると40歳での自然妊娠率は5%、45歳では1%となっていますので自然妊娠は簡単ではないといえるかもしれません。

それならばいち早く不妊治療をしはじめるべきなのでしょうか。

どうしてそこを悩むのかというと、40代であっても自然妊娠の可能性を否定できないからですね。

では体外受精での妊娠率を見てみましょう。
日本産婦人科学会ARTデータブック2012年を参照にしますと、40歳での体外受精妊娠率が約20%、45歳では約5%、49歳では約3%となっています。

妊娠率で見るとやはり体外受精などで不妊治療をした妊娠率のほうが高いパーセンテージを示しています。
そして体外受精での妊娠率は40代に入ってからの1年1年の落差が激しくなっていますので、不妊治療をするのなら早めがいいということを物語っています。

40代での不妊治療とは

まずは複数の不妊検査によって自然妊娠の可能性を判断することから始まります。
高齢での不妊治療となりますと、ARTと呼ばれる体外受精や顕微鏡受精での高度生殖補助医療が施される場合が多いものです。

ただし、卵子の老化によって妊娠率が低下することに対しての手段になるということではありません。

これはすなわち、根本的に卵子の質を高めたり、良い卵子のみを選別のうえ成熟させるということはできませんが妊娠の成功率を高めることは可能ということなのです。

排卵誘発剤を用いてより多くの卵子を排卵させ、体外受精で複数の卵子から、その中でも質の高い卵子と精子が受精できる確率を高くするというものです。

高齢での不妊女性の場合、卵巣機能の低下が関係していることが多いものですので、例え排卵誘発剤を用いたとしても卵子自体が育ってくれないケースがあり得ます。
ですから個人差を考慮しておくことも必要といえます。

葉酸が応援!40代で妊娠を可能に

40代の自然妊娠や不妊治療双方にいえることは、質の高い卵子を作ることが重要だということがお分りかと思います。

そこで40代での妊娠を成功させるために応えてくれる重要なアイテムがあります。

それは葉酸なのです。

葉酸は、年齢問わず妊娠に関わること全てにおいて必要な栄養素だということは知られていますが、40代での妊活、妊娠、出産には特に重要といえます。

また、40代での不妊を克服するためにも一役かってくれるのが葉酸です。

今のところ卵子を若返らせる治療薬は存在しませんが葉酸は、新たな細胞を作り出すことに重要な働きをする欠かせない栄養素です。
これは卵子の成熟には不可欠で卵子の老化を食い止めることができますから卵子の質の向上にもつながるのです。

質の高い卵子ができれば受精する可能性も高まります。

そして葉酸は、子宮内膜を強くし子宮の環境を整える効果もあるため受精卵を守る働きをしてくれます。
この効果は40代の女性の身体にはたいへん必要なことです。

受精卵ができた直後から始まる細胞分裂を促し、高齢出産に多い胎児の染色体異常のリスクをも防ぐ効果が期待されますから、葉酸は40代での妊娠を全面的に応援してくれる頼れる栄養素なのです。

葉酸は厚生労働省でも、食べ物での経口摂取の他に1日400μg葉酸サプリでの摂取を推奨しています。

40代での自然妊娠を実現したい方や、これから不妊治療を考えている女性も何より先に葉酸サプリで葉酸を摂取し身体を良い環境に整えることから始めましょう。