妊婦のさんの体には様々な変化が現れますが、ムダ毛が濃くなったり、肌の調子が悪くなったりするのも一般的な妊娠期の女性の特徴です。

このような変化が起こる時期に普段とおなじようなムダ毛処理をしていては肌トラブルのリスクが高まってしまうかもしれません。

そこで今回は妊婦さんに知っておいてほしい妊娠中のムダ毛処理方法をまとめて見ました。

妊娠中にムダ毛や肌に変化が起こる原因

妊娠中から出産後にかけて、女性の体はホルモンのバランスがとても崩れやすい状態になります。

ホルモンバランスが崩れると、イライラしたり憂鬱になったりと感情の起伏が激しくなるだけはなく、ホルモンと密接に関係している体毛やお肌にも影響がでます。

体毛というのは男性ホルモンの影響を強く受けるので、ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンが優位になるとムダ毛が濃くなってしまうという事も珍しくないんです。

また、ホルモンバランスが崩れるとお肌の皮脂の分泌が低下するので、カサカサ乾燥肌になって外からの刺激に弱くなってしまい、肌荒れやニキビなどの肌トラブルのリスクが高まってしまいます。

肌トラブルを避けるためにも、妊娠中のムダ毛処理は普段より少し気を付ける必要があるんです。

妊娠中は避けた方がいいムダ毛処理方法

まず妊娠中はできるだけ避けたほうがいいムダ毛処理方法についてご紹介します。

カミソリ

カミソリによる剃毛は、肌表面の「角質層」という肌を外の刺激から守ってくれている薄い膜に無数の傷をつけてボロボロにしてしまいます。

角質層は水分と脂肪によって構成されていて、これが破壊されることでお肌が更に乾燥して刺激に対してとても敏感になります。

元々妊娠中で弱りがちなお肌に更にダメージを与える事になるので、カミソリ負けして赤くなったり、肌荒れして炎症を起こしたりというリスクが普段よりグンとあがってしまうので、妊婦さん避けるべき方法でしょう。

やむを得ずカミソリで処理するという場合も、しっかりと処理前後にシェービング剤や化粧水などで保湿してあげてください。

できるだけ刺激を抑えたいという方は1枚刃の使い捨てカミソリより3枚刃以上のカミソリのほうが刺激が分散されるので、最低でも3枚刃以上のものを使うようにしましょう。

脱毛

妊娠中は、サロンの光脱毛や医療レーザー脱毛も断られるか、産後しばらくしてお肌の調子安定するまで一時中断されるのが一般的です。

理由としては、妊娠中は肌が敏感になっているので痛みを感じやすいことと、妊婦さんには処方できる薬に制限があるので炎症などが起きてしまったときに必要な薬が処方できないことです。

痛みによって子宮収縮が生じてしまうリスクもあるので、庭用脱毛器・毛抜き・脱毛テープなども同様に控えるべきです。

妊娠中は脱毛は一旦お休みにして、その都度ムダ毛処理をするようにしてください。

除毛クリーム

除毛クリームの主成分であるチオグリコール酸カルシウムは肌への刺激を含むので肌の弱っている妊娠期には使用が推奨されていないがほとんどです。

除毛クリームの成分自体が胎児にあたえる影響はありませんが、肌荒れのリスクは普段より高まりますので、お使いの除毛クリームの説明書をよく読んで禁止されている場合は使用しないようにしてください。

やむを得ず使用する場合は、使用前にかならずパッチテストを行って肌に異常がでないかチェックしてから使用しましょう。

なるべく肌荒れを抑えたいという方は、アロエエキスやハーブエキスなどの天然成分が豊富に配合された高品質のものを使うようにしてください。

妊娠中におすすめのムダ毛処理方法

では妊娠中でも安心して行える、お肌への負担の少ないムダ毛処理方法をご紹介します。

女性用電気シェーバー

女性用の電気シェーバーは刃が直接肌に当たらず肌への負担少ないように作られているものが多いので、妊娠中でも比較的安全にムダ毛を処理することができます。

しかし、いくら肌に優しいといっても強く押し当ててしまうと刺激が強くなってしまうので、無理せず優しくなでるように使用してあげてください。

また、乾燥した状態では刺激が強くなってしまうので、使用前、使用後はキチンと保湿をすることも重要です。

抑毛ローション

基本的にはどんなムダ毛処理の方法でもお肌への刺激は0というわけにはいきません。

刺激の比較的少ない女性用シェーバーでも頻繁に処理を行うことでお肌へのダメージが蓄積してしまうことがあります。

そこでおすすめなのが抑毛ローションとよばれているものです。
抑毛ローションはムダ毛処理後のお肌を保湿ケアしながら、大豆イソフラボンなどの抑毛成分で発毛を遅らせて処理頻度を少なくすることができるんです。

パイナップル豆乳ローションは結構有名ですよね。

ムダ毛の処理頻度を落とすことで肌へのダメージの蓄積を防ぎ、結果として肌トラブルを防ぐことができるというわけですね。

また、顔やデリケートな部分にも使用できるほどお肌に優しいので妊婦さんも安心して使用できます。

あくまで、ムダ毛処理後に使用するものなので、抑毛ローション自体でムダ毛処理ができるというわけではないという点は頭にいれておいてください。

まとめ

以上が妊婦さんにしっておいてほしい妊娠中のムダ毛処理方法の解説でした。

妊娠中はできるだけ肌への負担が少ないムダ毛処理方法を選択することで肌トラブルのリスクを下げることができます。

また、抑毛ローションを利用してムダ毛の処理頻度を減らし、お肌へのダメージの蓄積を抑えるというのも有効です。

大事なお肌をしっかりと守るためにも、是非参考にしてみてくださいね。